装いも新たに、“サクラブラン”が再登場

【人気ブランド】サクラブラン

春の訪れが待ち遠しくなる、人気の限定フレグランス“サクラブラン”が、装いも新たに再登場。

香りは今までとまったく変えずに、パッケージデザインをリニューアルしました。

付属している2種類のチャームも、よりドレッシーなイメージにチェンジ。

ミルキーボディクリームとボディミストは、ひとまわり小さくして、よりお求めやすいプライスになっています。

いずれも生産数量限定品で、毎年すぐに完売してしまいますので、早めのご注文をおすすめします。

※「フレグランスネイルケアオイル」は従来のデザインと変わりません。

【人気ブランド】Dove(ダヴ)

【人気ブランド】Dove(ダヴ)

1957年にアメリカで誕生したDove(ダヴ)は、愛と平和の象徴である鳩を意味する、ユニリーバ社のビューティーケアブランドです。

ブランドポリシーは「豊かなうるおい」。

最初に発売された固形石けん「ビューティバー」では特許製法により、製品の1/4が保湿クリームで構成されています。

従来の石けんよりも汚れ落ちがよいばかりか、なめらかにうるおう洗いあがりで、皮膚科医が推奨する全米No.1ブランドの座を獲得しました。

日本法人であるユニリーバ・ジャパンでも、石けんだけではなく洗顔料やシャンプーなどのヘアケア、ボディウォッシュ、男性用フェイス&ボディケアなど、幅広いラインナップとなっています。

Beauty-Netでは、日本未導入アイテムであるボディクリームを正規ルートで調達し、日本で販売されているウォッシュ系アイテムだけでは得られないうるおいを適正価格でお届けします。

韓国発・超人気ヘアケアブランド「mise en scène」(ミジャンセン)

【新ブランド】mise en scène(ミジャンセン)

mise en scène(ミジャンセン)とは、フランス語で「舞台演出」を意味する言葉。

俳優が演じる役に合わせてがらりと雰囲気を変えるように、あなたのヘアスタイルを完成度高く演出するためのトータルヘアケアブランドとして2000年に誕生しました。

健康な髪はより美しく洗い上げ、疲れた髪にはたっぷりの栄養を補給しながらケアし、パーフェクトなコンディションへ。

ミジャンセンは、まるで映画のワンシーンを演出するように、今までトライできなかった新たなヘアスタイルへの挑戦を応援します。

髪を変えれば、人生が変わります。

※本シリーズは、韓国・アモーレパシフィック社とのライセンス契約に基づき、日本市場向けに正規輸入されている商品です。

ビー・エヌ「マイクロファイバー」が再発売!

【人気ブランド】ビー・エヌ マイクロファイバー

「ビー・エヌ マイクロファイバー」は、2011年に発売されたふたえまぶた形成グッズです。

ギャル系ファッション誌『egg』の読モとのタイアップやお求めやすい価格で人気となり、累計300万個以上を販売するミリオンセラー商品となりました。

しかし、「メザイク®」の発売元である株式会社アーツブレインズが「伸縮する極細粘着繊維をまぶたに貼り付け、伸縮の作用により二重ラインを形成する」特許(第3277180号)を保有しているため、販売終了とせざるを得なかったという経緯があります。

今回再発売することができたのは、株式会社アーツブレインズが本製品だけに特許の実施権を許諾したためで、本製品の発売元である株式会社ビー・エヌとの和解によるものです。

【人気ブランド】the SAEM(ザ・セム)

【人気ブランド】the SAEM(ザ・セム)

Hankook Cosmetics(ハンコック・コスメティック)社は、1962年創業の大手韓国化粧品メーカーです。

ロレアルやランコムとも技術提携している同社は、2010年にThe Saem International社を立ち上げ、創業以来培ってきた技術とノウハウを元に、新ブランド「the SAEM」(ザ・セム)をリリースしました。

シミ・くま・くすみなど、あらゆる肌悩みに応えてくれるミリオンセラーのチップコンシーラーは、韓国内では知らない女性はいないといわれるほど名高いプチプラコスメであり、日本上陸と同時に一大旋風を巻き起こしました。

Beauty-Netで販売している商品は2018年3月に発売された正規輸入品で、The Saem International社との協業によって日本仕様の専用パッケージになっているのが並行輸入品との違いです。

【人気ブランド】ABOUT ME(アバウトミー)

【人気ブランド】ABOUT ME(アバウトミー)

「ABOUT ME(アバウトミー)」は、1924年に創立した韓国・三養(サムヤン)コーポレーションがリリースしたビューティー&ヘルスケアブランドです。

食品・化学・医薬品やバイオ事業までを手がける同社は、TDS(Transdermal Delivery System:経皮薬物送達システム)という特許技術に基づき、角質層に浸透しにくいといわれたコラーゲンを低分子化し、従来比で約3倍の浸透力をもたせることに成功。

コラーゲンを81%も含む白いゲル状フェイスマスクは、時間の経過とともに透明になってゆき、保湿成分が肌に吸収されたことが一目瞭然です。

その他、強力なリフトアップ効果を発揮しながらスキンケアもできるフェイスラインバンドや、お肌のくすみを解消してトーンアップしてくれるマッサージクリームなど、100年近い歴史から生まれたユニークな製品をラインナップしています。

【人気ブランド】LUX BOTNICALS(ラックスボタニカル)

【人気ブランド】ラックスボタニカル

2020年を迎えるや否や世界中を震撼させた新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延により、衛生に対する意識が全国民の間で高まりました。

飲食店など、プロの現場では必需品だった消毒用アルコールなどの除菌アイテムが一般のご家庭にも浸透し、常備品になっています。

ユニリーバの世界ブランド「LUX BOTNICALS(ラックスボタニカル)」は、ヘアケアだけでなくボディソープやハンドソープなどのトイレタリー製品も充実しています。

コロナ禍突入前夜、ユニリーバ・アジアとのライセンス契約によって正規輸入を開始したハンドケアシリーズは、香水のような香りとなめらかな使い心地で、またたく間に定番アイテムに昇格。

清潔感あふれるボトルにプリントされたボタニカルなデザインで「新しい生活様式」を華やかに彩りながら、ご家族の清潔と健康をお守りします。

【人気ブランド】THE TOOL LAB(ツールラボ)

【人気ブランド】THE TOOL LAB(ツールラボ)

美しいメイクアップの仕上がりは、よりよい道具から生まれる。

「THE TOOL LAB」の創業者であるペク・スギョン氏は20年間にわたり、シャネル、SK-II、イヴ・サンローランなどのグローバルブランドのメイクツールをプロデュースしてきた実績を持つメイクツールのプロフェッショナル、すなわち「TOOLIST」です。

ユーザーのニーズを把握しながらデザインされ、材料を的確な方法で加工して生み出された数々のツールは、グローバルスタンダードに合わせてその品質を検証されます。

肌の上でブラシを滑らせたときに感動をもたらす最高の品質を適正な価格で提供する、プロの矜持を体感できる逸品を厳選しました。

【人気ブランド】リーフ&ボタニクス(バス&ボディ)

【人気ブランド】リーフ&ボタニクス(バス&ボディ)

1908年の創業後、戦後まもない時代より石けんを作り続けてきた松山油脂のプレステージブランドが「リーフ&ボタニクス」です。

数十年にわたり磨きあげられた釜焚き製法(油脂鹸化法)と脂肪酸中和法(透明石けんの製法)による固形石けんをはじめ、シャンプーやボディソープ、ハンドソープなどの液体洗浄料やスキンケア、ハンドクリームなどのバス&ボディケアアイテムを幅広くラインナップしています。

お肌を清潔に保ちながらうるおいを与える「ウォッシュ&ケア」のカンパニーポリシーにもとづいて作られた各アイテムには、さまざまな植物から抽出したエキスやオイル、天然精油を配合し、シリコーン、パラベン、合成香料、合成着色料は不使用。

100%植物由来ならではの豊かな香りと使い心地で忙しかった一日をやさしくクローズし、穏やかな安らぎの時間へと誘います。

【人気ブランド】ママバター(フェイシャル)

【人気ブランド】ママバター(フェイシャル)

「ママバター」は2007年2月に、ガーナ産のシアバター100%でつくられた保湿クリームとして誕生しました。

化粧品原料としてシアバターを使った製品は、「L’OCCITANE(ロクシタン)」より1989年に発売されていましたが、原料が採取されるシアバターノキはアフリカ大陸の一部にしか生息しない希少な植物であり、当時はあまり知られていませんでした。

アフリカの強烈な日差しや乾燥など、過酷な環境で暮らす人々の肌をうるおし、時には塗り薬として癒してきたシアバター。常温では固形ですが、およそ36℃で柔らかくなりはじめ、手のひらで温めると次第にとろけてクリーム状に変わります。

100%シアバターでしか味わえない使い心地の「ママバター」はお求めやすい価格と、赤ちゃんや妊婦さんにも使えるやさしさで評判となり、シアバターの配合率を最適化しながらさまざまなアイテムが生まれました。

発売から10年以上が経過した2019年にはベーシックアイテムのラインナップを一新し、メイン成分であるシアバターを「オーガニックシアバター」にグレードアップ。

全商品でパッチテストとアレルギーテストを行い、動物実験を行わないことを明確にするなど、使う人以外へのやさしさにも配慮した製品へと進化しました。

【人気ブランド】HIRUSERINE(ヒルセリン)

【人気ブランド】HIRUSERINE(ヒルセリン)

ヘパリン類似物質は、アトピー性皮膚炎に伴う皮脂欠乏症などの治療に使われる医薬品です。

もっとも有名なのは、マルホ株式会社が製造販売している「ヒルドイド」ですが、医療用医薬品のため購入するには医師の処方箋が必要です。

しかし、乾燥肌であると訴えて皮膚科を受診し、美容目的でヒルドイドを処方してもらう事例が急増し、健康保険料や税金を圧迫しているのではないかという指摘が厚生労働省から入りました。

また、自己判断による目的外使用は適切な効果が見込めないだけではなく、副作用が発生するリスクもあります。

この問題に対応するため、さまざまな製薬会社からヒルドイドと同等のヘパリン類似物質配合市販薬が発売されましたが、市販薬とはいえ、販売できるのは薬局やドラッグストアなどの薬店に限られてしまいます。

そこで、美容目的としても気兼ねなく使ってもらえ、化粧品店やバラエティストアでも購入できる医薬部外品として生まれたのが「ヒルセリン」です。

ヒルドイドと同等のヘパリン類似物質だけでなく、スクワランやヒアルロン酸など、化粧品ではおなじみの保湿成分をバランスよく配合。

本当に必要な方々がヒルドイドを処方してもらえる社会と、日本の誇りともいえる国民皆保険制度を維持するためにつくられた、明確な志を持つシリーズです。

【人気ブランド】BULK HOMME(バルクオム)

【人気ブランド】BULK HOMME(バルクオム)

常識を超える THE BASIC

男性化粧品の基準となることを目指し、男性の素肌を見つめながら研究開発を繰り返して生まれたメンズコスメシリーズ「BULK HOMME(バルクオム)」。

BULK(バルク)とは化粧品業界で定着している言葉で、容器に入っている中身のこと。

容器そのものはシンプルに徹し、中身で勝負、がブランドポリシーです。

洗い、潤し、保つための、部位に応じた基本のステップを行うシンプルケアに、肌のコンディションや季節に応じたスペシャルケア・ポイントケアを行える充実のラインナップ。

毎日使う中で得られる体験、価値観、充実感、そして感動を与えてくれるバルクを追求し続けています。

【イメージ】バルクオム 製品ラインナップ

【人気ブランド】Agree(アグリー) ボディケアシリーズ

【人気ブランド】Agree(アグリー) ボディケアシリーズ

2009年からリスタートした「アグリー」ブランドのリニューアルプランによって新商品として選ばれたのが、ヘアフレグランス「ヘアコロン シャイニー」と、新しくなった「フレグランス ボディーソープ」です。

当時発生したリーマン・ショックの影響は大きく、景気に左右されにくいといわれた化粧品業界でも生産・出荷が一気に落ち込んでしまいましたが、当時成長していたボディケアカテゴリの落ち込みは最小限に留められていました。

2010年より、「アグリー」ブランドでもボディクリーム、ハンドクリーム、ボディミストの3アイテムを追加し、翌2011年には制汗用固形パウダー「エチケット スティック」(現・デオドラント スティック)を発売。その後、日本中のユーザーが待ちわびた「フレグランス ボディコロン」をリリースします。

それぞれのアイテムは幾度かのリニューアルが行われ、その過程で「プレミアム リッチ」、「リリーフラワー」などの香りのバリエーションも誕生。

こうしてヘア&ボディのトータル・フレグランスコスメブランドとしての地位を確立した「アグリー」は、新たなカテゴリーへと向かって進みはじめます。

【人気ブランド】herbacin(ハーバシン)

【人気ブランド】herbacin(ハーバシン)

「ハーバシン」は、現在のドイツでいうチューリンゲン州アイゼナハで1905年に創業し、ドイツで最も歴史の古いナチュラルコスメとして知られています。

二人の薬剤師、オットー・ケーニッヒとヘドウィグ・ケーニッヒが、生い茂る木々と花々に囲まれた、緑豊かな大地が育んだ植物から得られるスキンケア成分に着目し、新処方を開発したことがブランドのはじまりです。

オーガニック栽培された天然由来原料から厳選された成分のみを使い、美しい自然に囲まれたチューリンゲン州の中心に位置するヴタ・ファルンローダでのみ製造し、世界各国に輸出しています。

歴史と伝統、品質を何よりも尊び、ドイツ国内の研究所と自社工場において、原材料レベルからメイド・イン・ジャーマニーにこだわった物づくりを続ける姿勢が、世界中の人びとから愛されている理由です。

【人気ブランド】Agree(アグリー) ヘアケアシリーズ

【人気ブランド】Agree(アグリー) ヘアケアシリーズ

カリフォルニア生まれの「アグリー」ヘアケアシリーズは、米国・SCジョンソン社の日本法人であるジョンソン株式会社によって、1987年より日本国内での販売がスタートしました。

1994年には同じカリフォルニアのデップ社による「アグリー」ブランド買収に伴い、製品ラインナップの全面リニューアルが行われ、現在とほぼ同様のパッケージデザイン・内容量に変わりました。

その後2000年代に入ると、米国内で繰り返された企業買収によって「アグリー」ブランドは消滅寸前の危機に追い込まれますが、それを救ったのが日本国内に数多く存在する愛用者の方々からのラブコールだったのです。

そして2009年、化粧品の輸入業務を専門とする弊社グループ会社(インターナショナルコスメティックス株式会社)が、米国シュワルツコフ・ヘンケル社より「アグリー」ブランドの国内製造・販売権を正式に取得し、ヘアケア3アイテムにまで縮小してしまったラインナップを復活させ、フレグランス・トータルケアブランドへと向けてリスタートしました。

リニューアルプランの第1弾として追加されたのが、ヘアフレグランス「ヘアコロン シャイニー」、そして多くのお客さまからご要望をいただいていた「フレグランス ボディーソープ」です。

【人気ブランド】ママバター(バス&ボディ)

【人気ブランド】ママバター(バス&ボディ)

「ママバター」は2007年2月に、ガーナ産のシアバター100%でつくられた保湿クリームとして誕生しました。

化粧品原料としてシアバターを使った製品は、「L’OCCITANE(ロクシタン)」より1989年に発売されていましたが、原料が採取されるシアバターノキはアフリカ大陸の一部にしか生息しない希少な植物であり、当時はあまり知られていませんでした。

アフリカの強烈な日差しや乾燥など、過酷な環境で暮らす人々の肌をうるおし、時には塗り薬として癒してきたシアバター。常温では固形ですが、およそ36℃で柔らかくなりはじめ、手のひらで温めると次第にとろけてクリーム状に変わります。

100%シアバターでしか味わえない使い心地の「ママバター」はお求めやすい価格と、赤ちゃんや妊婦さんにも使えるやさしさで評判となり、シアバターの配合率を最適化しながらさまざまなアイテムが生まれました。

発売から10年以上が経過した2019年にはベーシックアイテムのラインナップを一新し、メイン成分であるシアバターを「オーガニックシアバター」にグレードアップ。

全商品でパッチテストとアレルギーテストを行い、動物実験を行わないことを明確にするなど、使う人以外へのやさしさにも配慮した製品へと進化しました。

【人気ブランド】クルーズミラー

【人気ブランド】クルーズミラー

楽しいときも、へこんだときも、あなたに寄り添って勇気と輝きをくれる、大人の女性のためのフレグランスブランド「クルーズミラー」。

アルコールの刺激を抑えて美しい香りだけを純粋に楽しめる、ウォーターベースのオーデコロン。

とろけるような感触でうるおいを守りながら、香りのヴェールで手肌をやさしく包みこむハンドクリーム。

一日をしめくくるリラックスタイムやお待ちかねの週末、大切な人と過ごす特別な日など、さまざまなシチュエーションをイメージしながら調香した3種の香りを、それぞれにご用意しました。

いつもの日常に極上の香りをプラスするだけで、世界一周の船旅へと出発したくなるような贅沢な気分へと誘います。

【人気ブランド】abundy me ローズクォーツ

【人気ブランド】abundy me ローズクォーツ

「ローズクォーツ」とはピンク色の水晶(石英)のことで、美と愛、そして美しさを象徴するパワーストーンとして知られています。

ギリシャ神話に登場する愛と美の女神・アフロディーテの石とされ、恋愛運アップやエイジングケアも期待できる、女性にはぴったりの素材です。

「abundy me」は、このローズクォーツを素材にしてつくった、フェイスエステ用のマッサージグッズです。

なお、ローズクォーツ独特の淡いピンク色は褪色しやすいため、直射日光や塩分のほか、他の人に触れられるのも禁忌とされています。

使用後は水洗いして保管し、自分専用としてご愛用ください。