パウダーレーベル ダークブラウン

Loading お気に入りに追加

商品画像

地肌にポンポンするだけで気になる薄毛を自然にカバーする、髪と頭皮のファンデーション。

ダークブラウンは、ナチュラルな茶髪の方に最適なカラーです。

年齢とともに髪にコシがなくなり、分け目から地肌が透けて見えるのが気になる方におすすめ。髪の根元の白髪かくしにも使えます。

汗をかいたり、多少の雨に濡れても落ちにくいウォータープルーフ処方なので、固着用スプレーを使わなくてもしっかり定着。

髪を固める固着剤を使わなくてもよいので使用後もクシやブラシの通りがよく、固着剤を購入するコストもかからない、おサイフにやさしいアイテムです。

独自開発した微細なパウダーが、髪と頭皮の油分・水分と反応してボリュームアップさせてくれるのが「パウダーレーベル」の秘密です。

また、10種の植物由来成分を配合し、髪と頭皮のコンディションを整えます。落とすときは、ふだんお使いのシャンプーで洗えばOK。

アレルギーテスト済みなので、どなたでも安心して毎日お使いいただけます。

※全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。






商品仕様

  • 販売価格  ¥2,160(税抜価格 ¥2,000)
  • 内容量4g
  • 商品番号  100306
  • 単品サイズ 46×140×46 mm(W×H×D)
  • 単品重量  55g
  • ケース入数 24(6×4)
  • 生産国日本
  • 製造販売元 ビューズラボ株式会社

4582334440166

商品画像

説明書

  • 【説明書】パウダーレーベル(1)

カタログ画像

パウダーレーベル・規定書(表面)パウダーレーベル・規定書(裏面)

全成分

タルク、酸化チタン、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、セルロース、アクリレーツクロスポリマー、エチルヘキシルグリセリン、BG、水、酸化鉄、ハイドロゲンジメチコン

使用前の準備

(1)上部黒色のボトルキャップを引き上げ、取りはずしてください。
 ※回さずに開けることができます。
(2)パフキャップが付いている銀色部分を図の方向へ回し、開けてください。この際、パフ部分を持って開けないでください。
(3)中栓をゆっくり引き上げ、取り外してください。※パウダーがこぼれないよう注意してください。
 ※取り外した中栓は廃棄してください。
(4)2で取り除いたパフキャップを図の方向へしっかり閉めてください。
(5)紙(ティッシュペーパーなど)の上でパフを軽くたたき、パウダーが染み出るようにしてください。
 ※皮膚以外にお試しいただいた場合、実際の色あいと異なることがあります。

使用方法

●髪を整えた後、気になる部分にパフをたたくように本品をつけてください。
●髪や頭皮が濡れている場合は十分乾かしてからご使用ください。

① 髪を整える。
② 気になる部分に、パフをたたくようにつけてください。
③ 簡単に仕上がります。

※アレルギーテスト済み 全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。

使用上の注意

●添付されている説明書をよく読んで理解してから正しくご使用ください。説明書は読んだあとも大切に保管し、必要なときにお読みください。

●本品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま本品の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
(1) 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激等の異常があらわれた場合
(2) 使用した肌に、直射日光があたって(1)のような異常があらわれた場合
●傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
●目に入ったときはすぐに水で洗い流してください。
●使用後はボトルキャップをしっかり閉めてください。
●初めて使用する際は、中栓を外してご使用ください。また、汚れてもよい物などでパウダーが出るまでパフを数回たたくようにし、パウダーが出てきましたら、頭皮などへつけてご使用ください。
●多くつけすぎるとパウダーが付着しにくいときがあります。
●衣服にパウダーが付着すると取れにくいことがありますので、ケープ等を肩にかけてご使用ください。
●色移りすることがありますので、なるべく使用部位には触れないようにしてください。
●おやすみ前にはシャンプー等で洗い流し、つけたまま寝ないでください。色移りする場合があります。
●パウダーが浴室等に付着した際は洗剤などで洗い流してください。
●幼少児の手の届かないところに保管してください。
●幼少児には使用させないでください。
●直射日光・高温多湿の場所を避け保管してください。
●持ち運ぶときにパウダーが容器からもれる恐れがありますので、携帯時には容器を本品の箱に入れてください。