アイトーク 大人のまぶたコントロール カートリッジ

Loading お気に入りに追加

商品画像

塗って、押さえてリフトアップ!

目もとの印象が小さく、曖昧になってしまう「たるみ目」や「くぼみ目」をコントロールする、40〜50代のためのふたえまぶた化粧品「アイトーク 大人のまぶたコントロール」の交換用カートリッジ。

本品を利用すれば、筆ペンタイプの本体容器を10回程度再利用できるので経済的です。

加齢とともにまぶたが下がってしまう「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の原因は、まぶたの皮膚がハリや弾力を失ってしまうこと。

まぶたに塗ってプッシャーで押し上げる簡単リフトアップで、重たい印象の目もとをスッキリと若々しく演出しましょう。

美容液やクリームなどの高級スキンケア製品に配合されている「PCTリンゴエキス」のほか、植物性セラミド&コラーゲン(※)を保湿成分として配合し、デリケートなまぶたのうるおいを守ります。

塗布した部分が目立たない透明リキッドなので、仕上げた後のアイメイクも自由に楽しめます。

※植物性セラミド:ユズ果実エキス、植物性コラーゲン:ナットウガム






商品仕様

  • 販売価格  ¥1,080(税抜価格 ¥1,000)
  • 商品番号  103099
  • 単品サイズ 30×167×18 mm(W×H×D)
  • 単品重量  13g
  • ケース入数  648(6×108)
  • 生産国日本
  • 製造販売元 株式会社コージー本舗
  • メーカー品番 2ET0739

4972915007398

商品画像

使用説明書

【使用説明書】アイトーク 大人のまぶたコントロール カートリッジ(1)【使用説明書】アイトーク 大人のまぶたコントロール カートリッジ(2)

カタログ画像

【規定書】アイトーク 大人のまぶたコントロール(1)【規定書】アイトーク 大人のまぶたコントロール(2)
【規定書】アイトーク 大人のまぶたコントロール(3)【規定書】アイトーク 大人のまぶたコントロール(4)

全成分

水、エタノール(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、BG、リンゴ果実培養細胞エキス、ユズ果実エキス、センチフォリアバラ花エキス、ナットウガム、グリセリン、レシチン、キンサンタンガム、PVP、メチルパラベン、フェノキシエタノール

使用方法

お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。

1)カートリッジの底側に底ぶたをかぶせてください。
2)ホルダーのキャップをはずし、筆先を上に向けた状態でホルダーの中にカートリッジを入れ、底ぶたが完全に閉まるまで押し込んでください。
3)筆先を上に向けた状態のまま筆先に液が浸透するまでゆっくりと底ぶたを回転させてください。初めて使うときは、8〜10回転で、2回目からは回転と同時に液が浸透します。液が無くなるまでの目安は約60回転です。
4)底ぶたを回転させても筆先に液が浸透しないときは、カートリッジの液が完全に無くなった状態です。新しいカートリッジ(別売)と交換してください。カートリッジを交換する直前にキャップと底ぶたをはずし、筆先を上に向けた状態でゆっくりとカートリッジを抜き取ってください。

※正常にご使用いただくため、カートリッジの交換は10回程度を限度としてください。
※底ぶたを紛失しないようご注意ください。本製品にはセットされておりません。

使用上の注意

※説明書をよく読んでからお使いください。お肌に合わないときはご使用をおやめください。

●カートリッジをセットまたは抜きとる際は、必ず筆先を上に向けてください。筆先を横または下に向けると液が飛び散ることがあります。
●底ぶたを必要以上に回転させると筆先から液が流れ出しますのでご注意ください。
●底ぶたを急回転させないでください。内部機構が破損し、正常にご使用できなくなります。
●ホルダーからカートリッジをはずした状態で長時間放置すると、筆先内部が完全に固まってしまいご使用できなくなります。必ずカートリッジをセットした状態で保管してください。
●筆先が固まった場合は一度筆先に液を浸透させ、ティッシュペーパーなどで軽くふき取っていただくと元の状態にもどります。
●目に入らないようご注意ください。万一目に入った場合は直ちに水で洗い流してください。
●傷・はれもの・湿しんなど、お肌に異常があるときはご使用をおやめください。
●お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。ご使用中、またはご使用したお肌に日光があたって赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑など)や黒ずみなどの異常があらわれたときはご使用を中止し、皮フ科専門医などへご相談ください。そのままご使用を続けると症状が悪化することがあります。
●お肌の健康を保つため、本製品はおやすみになる前に必ず落としてください。
●お子様の手の届くところ、高温、低温(氷点下)、直射日光下での保管は避けてください。
●筆先の乾燥を防ぐため、ご使用後はキャップをきちんと閉めてください。